ローン支払いが残っている軽バンの廃車・売却の手続き方法

 

 

自動車は高い買い物ですから、現金ではなくローンを利用する人も多いですよね。

 

しかし、自動車事故や災害にあったりすると、ローンがまだ払い終わっていないのに自動車が動かなくなった・・・というような悲しい事態になることも。

 

軽バンを最終的に廃車や売却するしかないとなったときに、どのように手続きすべきなのか解説していきます。

 

 

 

1.軽バンの所有者はクレジット会社

 

ローンがまだ払い終わっていないのに事故が起きてしまったというときに問題になるのは、だれがその車の「所有者」なのかということです。

 

今回の場合でいうと、所有者はクレジット会社(信販会社)になります。

 

これを所有権留保と言い、ローンを完済した時点でようやく所有者の名義になるという仕組み(所有権解除)です。

 

ローン会社が所有者ですから、自分が乗っているからといって勝手に廃車や売却することは不可能です。

 

自動車の所有者は車検証に書かれています。

 

ローン形態によっては、所有者があなた本人の場合もあります。

 

 

 

2.廃車、売却の手続きを進めるためには

(1)車検証に記載されているローンの所有者と相談する

ローンの支払いが済んでいないのに廃車をする場合、ローン会社に許可をもらわなければいけません。

 

事故のことを話して軽バンの所有者を会社ではなく、あなた本人にしてもらいます。

 

普通なら手続きしてくれます。

 

しかしここで注意すべきなのは、このとき廃車をしたり売却をしても、当然ながらローン残がなくなるわけではないということです。

 

(2)ローンの返済をまとめて要求されることも

普通なら事故の事情などを伝えれば所有権を変えてくれますが、変更してくれないこともあります。

 

そうするとどうなるかというと、未払い分をまとめて要求されることがあります。

 

このような場合、全部返済するか一部返済するかしないと交渉は進みません。

 

(3)名義が自分になっているときは

自動車販売会社のローンではなく、銀行系のローンを組んでいる場合には、あなたが所有者の名義になっていることもあります。

 

この場合、許可はいらず、好きなときに売ったり廃車をすることが出来ます。

 

ただし、所有者名義になっている場合でも、担保の取り決めなどがあれば借入先との話し合いが必要です。

 

所有者確認を行わなないままの廃車や売却はトラブルの元です。

 

 

 

まとめ

 

普通は自動車のローンを払い終わっていない場合は、「その車は自分のものになっているわけではない」と認識しておきましょう。

 

つまり、ローンを払っているあいだの処分については、クレジット会社の許可が必要になります。

 

ちなみに未払いのローンを一括返済できない場合は、乗換ローンを利用するという方法もあります。

 

ローン返済中の自動車事故や被災の可能性は大きなリスクだといえます。

 

そのことから、事故や災害が起こりうると考えれば、ローンで自動車を買うことはおすすめしません。

 

ローンを利用すべきときというのは、お金がない状態のときではなく、ある程度お金に余裕があるときです。

 

資金的な余裕がない状態で、大きな金額でローンを組むのは危険です。